OBS Top / 募集終了した講座 / テレコミュニケータ―養成科科 (2012年6月スタート)

テレコミュニケータ―養成科

※上の各画像をクリックすると、印刷用の画像が表示されます。

電話のスペシャリストとなる

本講座は、電話業務の受信(コールセンター)業務と発信(テレフォンアポインター)業務について学びます。 最近、ネットショップなど実店舗を使わない販売方法が増加したことにより、 電話応対の仕事が増加しています。

特に北九州では、ヤフーのコールセンターが新たに開設しており、 新たな雇用先として注目されています。

なぜオペレーターの求人が多いのか

一般的に、オペレーターの求人は多く、時給も高めに設定していることが多いです。 その理由は、社内教育をしっかり行っていない点にあります。

オペレーターという仕事は会話が上手い人であれば、特別な指導をしなくても業務をこなすことが出来ます。 そこで、時給を高めに設定して求職者を多く集め、 実際に仕事をさせてみて業務をこなすことが出来る人間だけを残すというスタンスをとっている企業が少なくありません。 一般的な社内教育の期間は2~3日という企業から1か月という企業まで様々ですが、 多くの企業が数日の社内教育期間しかとっていないのが現状です。

4か月の研修期間でじっくりと学ぶ

そこで、本講座は4か月を通して電話業務の基礎からしっかり学び、 卒業時には即戦力となることを目指します。 また、パソコンの授業も取り入れ、事務的な仕事もこなせるようになることを目指します。

問合せ先

問い合わせ先は下記までどうぞ。

OMEビジネススクール八幡校

093-672-7477(平日9時30分~17時)